情報商材の販売で伸び悩んでいる人に向けたコツを解説

NO IMAGE

「副業で情報発信をしているけれど、人が集まらない」とか
「高額すぎて誰も商品を買ってくれない」とか様々な悩みがあると思います。
今回は、情報商材の販売で伸び悩んでいる人に向けたコツを解説していきたいとおもいます。

まず、1つ目のコツですが、「本当に価値のある情報の提供をしているかどうか」です。
皆さんは、本当に価値のある情報を提供しているでしょうか?
それは、情報商材本体だけに限りません。
多くの方は情報発信も同時にしているとはおもいますが、その情報は、本当に「価値がある」と思えるものでしょうか?
もし、それに価値があると思ってくれる人が一定数いるのであれば、時間はかかるかもしれませんが、人は集まってくると思います。
情報発信をしばらく続けているのに、全然人が集まらない場合は本当に価値があるかどうかを見極める必要があります。

そして、「価値のある情報」というのは、より正確に言うと、「より多くの人にとって価値のある情報」です。
つまり、あまりにもニッチな分野だと、価値のある情報でも人は集まらないことが多いので
価値のある情報を提供していて期間も経っているのに人が集まらない場合は、分野の問題である可能性もあります。

2つ目のコツは、「全ての情報を出さない」ということです。
無料で全ての情報を出してしまうと、情報商材としての付加価値がなくなってしまいます。
「無料コンサルつき」とかならまだ良いのですが。
なので、全ての情報を出すのではなく、情報商材にしかない情報をしっかりと確保しておいた上で
その上で価値のある情報を発信していく必要があります。
ただ、一つ例外があって、あまりにも無料で出している情報量が多い場合です。
その場合は、「体系的にまとまっている」というだけで、付加価値になるので、問題ありません。

3つ目のコツは、「YouTubeを使う」ということです。
今の時代は「動画の時代」です。情報商材の販売を行っている方ならば、それは分かるでしょう。
もし、皆さんがブログやSNSだけで集客をしているのであれば、それには限界があると思います。
今の時代は、動画を使うべきです。
動画の方が人は集まりやすく、競合も少なく、短期的に伸びやすいです。
また、YouTubeの場合は、「チャンネル登録」があるので、固定客がつきやすいというメリットもあります。
ただ、これは「必須」ではありません。
どうしても顔出しが嫌な場合や、文章を書くのが得意な方は、無理してYouTubeを使う必要はないとは思います。

今回は、情報商材の販売で伸び悩んでいる人に向けたコツを解説しました。
参考になれば幸いです。