仮想通貨と節税

NO IMAGE

ほとんどの人は、仮想通貨に注目が集まるとその時に有名な仮想通貨を買いがちです。
市場で底値付近で長く停滞しているほど、少しの上昇で利益確定の売りを入れてしまい、大きく儲け損ねる方々が多いです。
仮想通貨は、大きく上昇をする傾向がありますので、一旦上昇を始めたら出来るだけ長く保持したいものです。少し上昇をした状態で急激に下がる危険はあまり無いようです。

大きく儲けられたのなら、税金対策も考えたいものです。
節税で得たお金も副業として仮想通貨の投資ビジネスで得たお金も同じようなものだからです。節税の方法で最初に思いつくのは、法人にする事です。

これらは口コミなどで評判の節税方法です。法人にする事で様々な出費を経費に出来て形式的な利益の額を下げる事で税金を安くしようとするものです。高額所得者のlineなどで、税率が50%だったけど、法人だと33%だから法人にしたいという印象的な内容を記す方もいましたが、とても納得できます。

しかし、法人にすると毎年時価で評価しないといけなくなります。
つまり、売って利益を確定していなくても税金を払わないといけないという事です。
それを考えると法人にするメリットは微妙です。さらに、法人のお金を個人で自由に使えるようにするには、役員報酬か配当で受け取る形にしなければなりません。そうすると、役員報酬にも配当にも税金がかかりますから、2021年現在の税制では法人にするメリットはなさそうです。

次に思いつく節税の方法は、海外移住です。有名人がよくやっている節税方法です。税金がゼロにする事が出来ますので、とても魅力的な節税方法です。
しかし、とても難しいですので、税理士や弁護士に報酬を払えるぐらいのお金持ちではないと実現しにくそうです。

国外転出時課税制度が平成27年に出来ています。日本の税制は本当にぬかりなく出来ていると思わされます。

しかし、まだ課税対象が1億円以上の有価証券などですから工夫しだいでは問題なさそうです。それに仮想通貨は対象外ではないかという意見もあります。近い将来は対象金額が下げられたリ、仮想通貨も対象にされたりする事でしょう。

仮想通貨の税制は、FXと同じような経緯をたどっていくでしょう。
つまり、将来はFXで出来ない節税方法は、仮想通貨取引でも出来ないと言えます。業者は金融庁の登録制度になり、支払調書制度が出来ましたから、税率も一律20%になることでしょう。