仮想通貨の特徴と使い方

NO IMAGE

仮想通貨とは何なのか?

最近では仮想通貨という言葉を耳にしますが、実際には100種類以上あるものの利用者が多いものは限られています。
使い方はインターネットをとおして行われ、中央銀行がなく世界各国で用いられ暗号資産とも呼ばれています。

デジタル通貨のため海外送金をスムーズにすることや、取引所を通して法定通貨との交換も可能です。
仮想通貨は公開鍵暗号やハッシュ関数などの暗号技術を利用し安全性を確保でき、行われた取引はブロックという単位にまとめられています。

そのブロックの連鎖はブロックチェーンとも呼ばれ、その技術は保存されて共有されることが特徴です。

このため、価格が大きく変わりやすく値動きを利用して差額で利益を出すこともでき、投資をするために用いられる傾向があります。

2021年はなぜ仮想通貨が注目されるのか

仮想通貨は電子的な決済ができ、ブロックチェーン技術を用いると第三者機関を経由せず価値の移転ができます。
法定通貨は発行主体や管理者がいますが、仮想通貨はブロックチェーン技術を活用すると流通できることが特徴です。

価格は社会や経済の状況によって大きく変わりやすく、2020年にはビットコインで2017年末に記録した最高値を更新したことで億万長者が出ました。
2021年には1月に入って最高値を更新し続けましたが、その後は半減するなど安定しなくなっています。

初心者が副業として投資を行うことは極めて危険で、ある程度の知識をつけてからしないとリスクが高いです。
投資として仮想通貨を用いるときは口コミや評判が良い取引所を選び、資産運用を行うようにする必要があります。

勧誘には注意しよう

仮想通貨は値動きが激しく一獲千金を狙える可能性がありますが、詐欺のリスクもあるため注意が必要です。
詐欺のパターンは必ず値上がりすると誘われて高額のセミナーに参加するよう促されますが、実際には何も起こらなくて一方的に損をするケースがあります。

最近では金銭的に苦しくて副業で投資を考える人が多いですが、詐欺はこのような心理につけこんで行われるものです。
セミナーで勧められる仮想通貨は実際には存在しないものもあり、信用できない業者からの勧誘は避ける必要があります。

なぜなら、仮想通貨は社会や経済の状況によって大きく値動きをするため、必ず値上がりすると保証されたわけではないためです。

知識をつけるためには信用できる講師を探し、lineなどのSNSで誘われる場合はきちんと調査して決めないといけません。