仮想通貨は取引所と販売所のどちらで買えば良いか

NO IMAGE

仮想通貨を購入したり、売買をするために必要となるのが、取引所か販売所の口座です。口座があれば、いつでも気軽に仮想通貨の売買を行えるようになりますが、取引所と販売所のどちらを選べば良いか分からないという人もいるでしょう。

取引所とは、仮想通貨を所有する人同士で通貨の売買ができる場所です。仮想通貨を求める人と売りたい人の希望価格が合致すれば、取引成立となります。それに対し、販売所というのは仮想通貨のオーナーではなく、企業と取引をする形となります。

取引所のメリットは、売買の際にかかる手数料を安く抑えられることです。企業と取引をする販売所は、仮想通貨を高く売りやすく買い取ることで利益を出しています。販売所の場合、業者側がしっかりと利益を得ることができるように、売買の際にかかる手数料は高めに設定されています。それに対し、ユーザー同士の取引は価格を自分で決めることができるため、手数料を抑えた状態での取引が可能です。そのため、売買にかかる手数料を少しでも安く抑えたいという場合は、取引所を使うことが有効です。

ただ、ユーザー同士の取引の場合、売りたい人と買いたい人の注文が一致しなければ取引成立となりません。そのため、今すぐ仮想通貨が欲しいのに、なかなか条件に合う売り手が見つからず、購入が成立しない状態となることがあります。それに対し、販売所は企業相手の取引となるため、思うように売買が成立しないというストレスで悩まされる心配がありません。

販売所と取引所のどちらでも、仮想通貨の売買が可能ですが、どちらが良いか迷った時は販売所から始めておくと良いでしょう。手数料を安く抑えたいのであれば、取引所の口座も同時に開設しておくことがおすすめです。

販売所で購入した仮想通貨は、常に販売所を通じて取引をしなければいけないというものではありません。所有している仮想通貨は、販売所でも取引所でも売買可能なため、販売所で購入した後に取引所を通じて売買するということも可能です。

これまで仮想通貨を購入したことがなく、上手く購入できるか不安という人の場合は、まず販売所で購入し、その後は自分にとって最もストレスが少ない形で売買をしていくようにすると良いでしょう。忙しく取引に集中できない時は販売所での売買、手数料を安く抑えたい時は取引所での売買など、様々な利用の仕方ができます。そのため、迷った時は両方の口座を開設しておくことがおすすめです。